40代ミドルの転職は不安?3つの要因と解消法を解説!

こんにちは。キョウイです。
僕自身は30代で転職しましたが、最近、僕の周りでは40代で転職する同僚も増えています。

40代はもうミドル。転職も不安なんだけど、みんなどうしてるんだろう?

転職に付きまとう不安は、20代と30代でも違いますが、30代と40代では一段と違ってきます。
しかし、モヤモヤと不安を抱えたままだと、思い切った行動ができません。

キョウイ
キョウイ

せっかくの前向きなチャレンジ、残念なことにならないようにしないと・・・。

この記事では、そんな得体の知れない不安の要因を突き止めて、解消していく方法を解説します。
スッキリした気持ちで転職活動にのぞめば、ずっと充実したものになると思います。

40代ミドルの転職が不安なのはなぜ?

不安の要因はたくさんの「守るもの」

結論から言うと、40代ミドルが転職に不安を持つのは「守るもの」が多いからです。
守るものが増えてくると「失敗できない」というプレッシャーが生まれて、これが不安の要因になるわけです。

社会人としての経験が長くなるほど、積み上げてきた信用が大きくなっています。
昇給を重ねて、収入もそれなりに上がっているでしょう。

結婚していたら家庭もあるし、子育てもますます大変な時期でしょう。
子供の学費、住宅ローン、親の介護も始まるかもしれません。

つまり、あなたの転職活動が、あなただけの問題ではなくなっているというわけです。

「守るもの」を「見える化」すればいい

不安の要因は「守るもの」が増えたからと説明しました。
ただ実は「守るもの」そのものが不安の要因というより、それが漠然とし過ぎていることの方が問題なのです。

なんとなく漠然と大きな「守るもの」を抱えてプレッシャーを感じてしまっている。
これが、不安を生む一番の要因です。

ならば、「守るもの」をひとつひとつ丁寧に分解して「見える化」してみましょう。 うまく整理できれば、それだけでほとんどの不安が解消できます。

不思議なもので、人間は問題点がクリアに見えると自然と解決をイメージできるようになり、本能的に解決へと行動するようになります。

それでは、詳しく見ていきましょう。




40代の転職者に聞いた6つの不安の声

40代の転職者が口にする不安の数々

僕の周りに、最近40代で転職した同僚が3人います。
彼らがよく口にしていた不安を、いくつか書き出してみましょう。

転職者の不安の声
・自分は嫌な仕事から逃げているだけなのか?
・これまでより収入が下がるんじゃないか?
・家族に迷惑がかかってしまうのではないか?
・この年齢で新しい職場環境に適応できるか?
・新しい会社でも昇格できるだろうか?
・この年齢で失敗するともうやり直せない?

3人の不安は、おおよそこんな言葉に集約されました。
他にもあるかもですが、まずはこれら6つをもとに整理していきましょう。

不安は大きく3つのグループに分類できる

これら6つの不安は、大きく3つのグループに分類できます。

① 自分の不安
・自分は嫌な仕事から逃げているだけなのか?
・この年齢で失敗するともうやり直せない?
② 仕事の不安
・この年齢で新しい職場環境に適応できるか?
・新しい会社でも昇格できるだろうか?
③ 生活の不安
・これまでより収入が下がるんじゃないか?
・家族に迷惑がかかってしまうのではないか?

次から次へといろんな不安が湧き上がってたら、まずはこの3つのどこに分類されるのかグループ分けをしてみましょう。

各グループは「守るもの」が同じ領域のもので、根本の解消方法も共通しています。
こうやってラベリングするだけで、冷静な対処ができそうですね。

次はそれぞれの「守るもの」が何なのかを、突き止めていきましょう。
ここが「見える化」できれば、おのずと解決策が見えてくるはずです。




不安の要因となってる「守るもの」と解消策

3つのグループの不安要因となっている「守るもの」を見える化していきましょう。

① 自分の不安になっている「守るもの」と解消策

「自分は嫌な仕事から逃げているだけなのか?」「この年齢で失敗するともうやり直せない」という不安は、「今回の転職の成功」を守りたい(勝ち取りたい)ということですね。

● 守りたいもの = 今回の転職の成功

この場合の成功体験とは、自分の適性に合った職にきちんと転職できるということだと思います。
それが、再チャレンジできないと思っているからプレッシャーを感じるわけです。

まず今の時代、40代どころか50代であっても、転職市場は拓かれていることを知りましょう。
もし今回の転職に納得がいかなくても、十分再チャレンジができます。

極論、成功するまでチャレンジをやめなければ、失敗という概念さえなくなるわけです。

② 仕事の不安になっている「守るもの」と解消策

「この年齢で新しい職場環境に適応できるか?」「新しい会社でも昇格できるだろうか?」という不安は、40代にもなった自分がゼロから立場を築いていけるかということですね。
つまり、これまで築いた「ポジション(地位・役職)」を守りたいわけです。

● 守りたいもの = ポジション(地位・役職)

まず、地位や役職の位置付けは、会社によって全く違います。
今のあなたの地位や役職はその会社だけのものであることを知りましょう。

もうひとつ知っておきたいことは、もはやどこの会社も年功序列は崩壊しつつあるということです。
若手もミドルもシニアもみんなフラットな関係に向かっています。

そうは言っても今の会社なら、これまでのしがらみ関係でそんな簡単にフラットにはなれませんよね。
ならば、このタイミングでフレッシュな関係を構築していける機会をポジティブに捉えてみてはいかがでしょう。

とにかくまずは、転職先へのリスペクトと謙虚な姿勢があれば、どんな環境にも適応していけるでしょう。

③ 生活の不安になっている「守るもの」と解消策

「これまでより収入が下がるんじゃないか?」「家族に迷惑がかかってしまうのではないか?」という不安は、これまでの「家族との生活環境」を守りたいと言うことです。

● 守りたいもの = 家族との生活環境


これは、自分のマインドセットだけでは解決しないため、一番大きな問題かもしれません。

まず、毎月の生活費用の下限を洗い出してみましょう。
住宅ローン、子供の養育や学費などは、2、3年くらい先までのシミュレーションも。

一時的に収入が落ちることはあるかもせすが、通常運行になってもこのコストを上回る収入が見込めない場合は、そもそも考え直した方がいいでしょうね。

それから、新しい会社の勤務先が遠方で、転居が必要な場合は問題が大きいですね。
僕の転職時は、「家族の生活環境を変えない」という中でも、より具体的に「子供を転校をさせない」ことが一番守りたいことでした。

ただ、前職の社宅住まいだったため強制的に退去しなければなず、子供を転校させないよう同じ学区内での住まい探しに徹底的にこだわりました。

あなたが僕と同じように考えるなら、転居を伴う転職先はまず候補から外しましょう。
そもそも世の中全体がリモートワーク化に向かっているのに、わざわざ逆行するような会社に転職しなくてもいいという考え方もあります。

それでも、どうしても遠方への転職が止むを得ないのであれば、初めのうちはあなたが単身赴任となることを検討しましょう。

あなたが転居先を先行して開拓して、慣れてくると家族の気持ちも変わるかもしれませんし、これもケースバイケースですが、子供の受験などで家族の転居タイミングがくる場合もあります。

いずれにしても、あなたが本気で転職先の仕事に取り組んでいくなら、家族もきっと応援してくれるはずです。

以上が不安の要因である「守るもの」を見える化して解消していく方法です。
まとめてみましょう。

まとめ
1.40代の不安の要因はたくさんの「守るもの」
2.不安を「①自分」「②仕事」「③生活」の3つのグループに分類し守るものを「見える化」する
3.要因がクリアになれば、おのずと解決策が見えてくる


あなたの状況に合わせて丁寧に紐解いけば、かなりスッキリすると思います。

ちなみに僕も40代後半で転職エージェンシーに話を聞いたりしていましたが、まだぜんぜん市場はあります。
ここからも言えますが、不安の要因は市場側ではなく、あなた側にあるわけです。

今回解説したやり方で、モヤモヤを分解して、その解決策をイメージしていってください。
40代で転職に成功した人は、みんなこの不安を乗り越えてステップアップしたわけですから大丈夫です。

転職の情報収集についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【キャリコネ無料会員登録】で転職企業の口コミ・評判を見る方法