旅ブログ「3分間ジャーニー!」へ移動 →

【話が伝わらない人の原因は?】5つの解決策を解説します【根本思想が大事!】

こんにちは、キョウイです。
今回のテーマは「話が伝わらない原因」についてです。

なかなか言いたいことって伝わらないね・・・

人に話を伝えるというのは、意外に難しいものですよね。
子供の頃は感じなかったことも、大人になればなるほど実感する場面が多く出てくると思います。

「話が伝わる」というメリットは数え切れません。

  • 人に信頼される
  • 誤解されない
  • 相手に依頼できる
  • 相手にお詫びできる
  • 自分の意見を言える 
  • などなど

大げさでなく、話し方で人生が変わると言えますね。

ということで、今回は、なぜ話が伝わらないのか?どうすれば伝わるのか?について5つのポイントで解説していきます。

参考文献:山田ズーニー「話すチカラをつくる本」

原因1:自分に権威がない

「何を言うか」より「誰が言うか」

同じ内容でも「誰が言うか」で、伝わり方は変わります。あなたが言うのと他の人が言うのでは、人に与える印象が変わるのです。
人それぞれの「権威=メディア力」が違うからです。

たとえば、「UFOを目撃」というニュースを、名も無いネットニュースで見るのと、NHKが報道しているのとでは、受け止め方が変わりますよね。

「権威=メディア力」とは、その領域における「信頼性」ということです。

解決策:自分の信頼性を築く

自分の権威性=メディア力を上げるには、信頼性を築くしかありません。
それには、コツコツと信頼性を積み上げることが一番です。

しかし、まだ信頼性を築けていなくても「自分にはまだ権威性=メディア力がない」と分かっていれば、大丈夫です。
あいさつや自己紹介で、自分の信頼性を補強する工夫ができるからです。

自分のバックグラウンドを丁寧に説明することで、信頼性を補強する工夫をしましょう。

原因2:論点とゴールを明確にする

噛み合わないのは論点=「問い」がずれている

論点がずれているというのは「問い」が相手と共有されていないということです。
問いが相手と共有されていないと、当然、噛み合わない会話になります。

「この商品は売れないな」と言っている上司に対して「いやいや、この商品の質は業界屈指ですよ」と答える部下。
この二人の話が噛み合っていないのは、論点=「問い」がずれているからです。

・上司:売れる=お金の話をしている
・部下:質の話をしている

これでは、お互い話を相手に伝えることができません。

解決策:話の目的=ゴールを明確にする

「問い」を立てるには、「話の目的=ゴール」が必要です。
「問い」を言い換えると「ゴールに到達するためにどうするか?」ということだからです。

向かうゴールが相手と違ったら、そもそも問いも共有できません。
さきほどの上司と部下の会話も、暗黙に「会社の業績を上げる」という目的を共有している上で、議論しているわけです。

お互いが何を目的=ゴールをしているかを共有した上で、話を進めましょう。

原因3:意見と理由がハッキリしない

一番言いたいことは何?

相手との会話の中で、あなたの一番言いたいことをはっきりさせましょう
それが「意見」です。

・「私はこうしたい」
・「私はこう思う」

これがない話は「中身がない」と感じられてしまいます。

解決策:なぜその意見なのか「理由」を示す

意見を言ったら「なぜ、そう思うのか」という理由を示しましょう。
意見は自分の中にあるものですから、そのまま相手にぶつけても、相手も理解できません。

「私はあの人が嫌だ」というだけでは、相手もどう受け止めていいかわかりません。
そこで「なぜ?」という理由が必要になります。

「だって、大事な時に責任逃れするから」のような理由があって、「なるほどね」という納得が生まれます

理由なく、意見だけでは、納得は得られません

原因4:相手にとっての意味は?

聞いてほしいだけではダメ

「自分の話を聞いてほしいだけ」というのは「伝える」という観点からはNGです。
受け取る側は、どうしても意味づけをするからです。

たとえば、最近見た映画の話をしても、相手からすると「気分を盛り上げよう」としているのか「教訓がある」と言いたいのか「次の映画は一緒に」と誘っているのかよくわかりません。

解決策:相手にとっての意味を考えて話す

話を伝えるには、相手のことを知らないといけません
相手はどういう人で、何に興味があって、どんな問題を抱えているかによって、話の受け止められ方が変わってくるからです。

同じ映画を見た話をしても、相手によってはポジティブに捉えたり、ネガティブに捉えたりされます。

なので、「この話は相手にとってどういう意味を持つのか?」ということを考えた上で、話をしましょう。

原因5:根本思想と言葉にブレがある

一番大事なのは言葉の奥の「根本思想」

この記事で一番大事なことです。テクニックの話ではないからです。
言葉より、その人の根っこにある想いが伝わります。

温かい人が「バカ」と言っても、その言葉はやはり温かいですね。
でも人を軽蔑して発する言葉は、「バカ」と言わなくても冷たい。

つまり、伝えるためには、表面的な言葉以上に「その人の根っこにある想い=根本思想」が大事なのです。

言葉は氷山の一角

表現される言葉は、氷山の一角です。その根っこにはもっと何倍も大きな思想や価値観があります

相手の相談に親身になって乗っていると思っていても、実はその根本には「上から目線」のような根っこがあるかもしれません。

あなたの言葉のその奥にある想いは、どうでしょう?
「自慢」や「エゴ」や「妬み」などではないでしょうか。
「愛情」や「尊敬」の想いに基づいているでしょうか。

解決策:根本思想と言葉が一致すると伝わる

根本思想はそれだけ強く、根本思想と言葉が一致すると強く人の心を打ちます

「お母さん、ありがとう」

小さな子供の言葉に思わず涙が出てしまうのは、文章のうまさではなく、心からの想いをそのまま言葉にしているからです。

嘘のない言葉ほど、強いものはありません

まとめ

今回は、自分の話が伝わってないかもと悩んでいる人に、なぜ話が伝わらないのか?どうすれば伝わるのか?について5つのポイントで解説しました。
以下にまとめます。

まとめ:話が伝わるための5つの解決策
・自分の権威性=メディア力を知る
・論点とゴールを明確にする
・意見と理由をハッキリ言う
・相手にとっての意味を考える
・根本思想と言葉を一致させる

長い人生で、自分の考えを相手に伝えられるか、伝えられないかは大きな差を産みます。
「伝わる話し方」を身につけて、人生をいい方に変えましょう。

それでは、また!

人気の関連記事

【ビジネス書・自己啓発本おすすめ40冊】必読名著を要約! 【お金の本】お金がテーマのビジネス書おすすめ15冊を要約!

今回の参考書