旅ブログ「3分間ジャーニー!」へ移動 →

エレベーター・トークで、自己紹介してみよう!

先日、うちの会社の新入社員数名と飲みました。

僕は、そこで、「じゃあ、一人ずつ30秒で自己紹介して。タイム計るからね。」

といって、ストップウォッチで時間を図って、自己紹介してもらいました。

みんな、「なんなんだ、この先輩は・・・」と思ったろうから、ちゃんと理由を説明しました。

と、そのまえに、「エレベーター・トーク」という言葉をご存知ですか?

シリコンバレーの若手起業家が、相手とエレベーターに偶然乗り合わせたふりをして、エレベーターが目的階に到着するまでの間に、ショート・プレゼンテーションをして採用されたという、サクセスストーリーからできたビジネス用語です。

メラニー・グリフィスと、ハリソン・フォードが出演している映画、「ワーキング・ガール」にも有名なエレベーター・トークのシーンがありますよね。

窮地にたたされたメラニー・グリフィス演じる主人公が、社長と同じエレベーターに乗り込み、自分の濡れ衣を解くプレゼンをするというもので、これは痛快です。

京井良彦の「3分間ビジネス・スクール」-working girl

話を戻しますが、広告の世界では、このエレベーター・トークは、もうひとつ重要な意味をもってくると思うのです。

それは、広告というもの自体が、ショート・プレゼンテーションそのものだからです。

広告主からすれば、手塩にかけた自社の商品について、山ほど説明したいことがあるでしょう。

しかし、消費者側が、その想いを聞きたいかどうかは、別。

広告主が、年月をかけて改良した性能をアピールしたくても、消費者側が聞きたいことは、価格が安くなったかどうかだけかもしれません。

広告は、限られたスペースと時間で、消費者が聞きたい点を、魅力的に伝えるという作業です。

テレビCMなら、わずか15秒か30秒かの世界です。

自己紹介も同じ。

20年生きてきたことを、はじめから全部話すと20年かかってしまいますよね。

これを、相手(つまり僕)が聞きたいと思うことを想定して、30秒以内で魅力的に表現してみて、と新入社員に迫ってみたというわけです。

これは、つまり「自分の広告を創る」という作業を体験することになるわけです。

後輩たちが、これから広告の世界でやっていくということで、いい意識づけになればと思っての先輩愛。(えっ、ありがた迷惑?)

ということで、決して、いじわるな先輩ではないので、誤解のないようにお願いしますね(笑)