旅ブログ「3分間ジャーニー!」へ移動 →

空・雨・傘のフレームワーク

昨日も、また別のコンサルティングファームの方と会食しました。

ディスカッションのために用意された資料は、本当にキレイに「空・雨・傘」のフレームワークに則って整理されていました。

 

これは、情報を3段階に分解して整理し、思考を深めるという、基本フレームワークですね。


228a0c09.png

①空=事実

黒い雲が広がってきました。

 

②雨=見解

雨が降りそうです。

 

③傘=提案

傘をもっていくことをお勧めします。

 

このフレームワークは、勝間和代さんの本でもよく紹介されています。

ただ、実際のビジネスでの資料を目にすることは、なかなか少ないでしょう。

 

本当に毎ページ、毎ページ、上図のスライドの形式で、

 

①事実のグラフ→ ②見解としての図表→ ③提案

 

と簡潔に、完結した提案になっており、説得力があります。

 

余談ですが、ワイドショーなどの情報は、この「空」の客観性がよくわからなまま、「雨」と「傘」がごちゃごちゃに提示されるため、受け手側が、誤解したり、思い込みが強くなったり、混乱するのでしょうね。