【フリーアドレスとは?】ノマドワークで収納はどう変わる?

本企業のフリーアドレス普及率は、東京23区で48%、地方都市でも31%もあるらしいです。(出典:日経不動産マーケット情報 / 2018年8月)

もはや、都心では半数近くの企業がなんらかの形でフリーアドレスを導入しているということ。

僕の職場も、完全フリーアドレスになっています。
ただ、初めはかなり戸惑いました。

・出社しても自分の席がない。
・誰がどこにいるかわからない。
・デスクにあった備品や書類はどうするの?
・もはや会社に行く意味あるの?

もう慣れたので一歩引いて語れるようになったのですが、会社員が自分のデスクを失うことは、フリーランスがノマドで仕事をすることと全く意味が違うということです。

そもそも会社員にとって、会社の自分のデスクは、単に仕事をする席ということ以上の意味がありました。
社員として認められている証し、部署への所属意識、座席位置やイスの形によるポジションやヒエラルキーの見える化・・・などなど。

そういった組織における自己のアイデンティティが、いきなりプツッとなくなるわけですから、会社での立ち位置がグラグラ不安定になってしまいます。

では、フリーアドレスによって、僕たち会社員はどうのように働き方を変えればいいのか?
そんな「フリーアドレスの心得」を、一個人の視点からまとめてみました。

デスクに座っていることが仕事ではない

出社して自席に座ると仕事をスタートした気になります。
でも、何か価値を生み出しているかというと、そうではありませんよね。

それよりは、通勤電車の中でスマホでメール返信したりしている方が価値を生み出している、つまり「仕事している」といえます。

デスクに座ることそのものに仕事としての価値はありません。
「あいつはいつも時間どおり席に着いてエライ」なんていう昭和的な価値観を180度変える必要があります。

・個人のデスクに座っている人は仕事をしていない。
・逆に席にいない人は、たぶん外でクライアントや外部メンバーと会っていたりと価値を生み出している。
・フリーアドレス内にいても、ミーティングエリアやプロジェクトルームにいる時の方が、価値を生み出している。

仕事をしている時は、むしろ席を離れているはず、という認識を持つ必要があります。

フラットな組織を理解する

席の配置で表現してきたヒエラルキーがなくなります。
上司も部下も、先輩も後輩も、一緒くたに座っています。

しかしフリーアドレスでは、見た目だけフラットなのではなく、本当にフラットな組織になる必要があります。

たとえば、最初の頃は、新人と組織の長がカウンターで並んで仕事をしていると、びっくりしてしまうでしょう。
それはまだ、本当にフラットな意識になっていないからです。
これまでのように、上司と部下というようなヒエラルキーを、意識してなくす必要があります。

「上と下」ではなく「マネジメント」と「プレイヤー」といった具合に、役割の違いとして認識することです。
中々難しいのですが、会社組織をスポーツチームのように捉え直して、仕事をしていくイメージでしょうか。

コミュニケーションツールの活用

フリーアドレスになって、一人ひとりがどこにいるか分からないような状況だと、他の社員とのコミュニケーションに困るのではないかと不安になります。
でも実際は、デジタルツールを駆使することで、これまで以上にコミュニケーションはスムースになります。

ポイントは、従来型の「メール」ではなく「Slack」などの「チャット」ツールを活用することです。

チーム全員がチャットツールに常時接続していることで、どこにいるか分からない相手と連絡を取り合うストレスが克服できます。

慣れると、これまでのようなデスクに座りながら「おーい、〇〇くーん、あれ?〇〇くんは?」のようなコミュニケーションロスがなくなります。
あれは、本人もさることながら、周囲の人の手も止めてしまうという副作用が大きいですから。

逆に、チャットツールでやり取りしていたら、相手は目の前にいた、なんてことは日常茶飯事です。

収納はない。すべてを持ち歩くから、軽さが価値

基本的に「収納はない」と考えましょう。
これまでデスクに置いていたものを、書類関係はすべてクラウドにアップするのが大前提で、あとは文具など一式すべて持ち歩くことになります。

初めはいろいろ不安で、ペンや定規、ハサミやクリップ、ホッチキスなどなんでもかんでも持ち歩いていましたが、徐々に取捨選択が進み、現状はこんなものを持ち歩いています。

フリーアドレスで持ち歩くオフィスグッズには、ひとつの絶対的な価値があると実感しています。
それは「軽さ」という価値。

モノを選ぶ、すべてに共通した判断基準は「軽さ」一点です。

たとえば飲料水。
最近、環境に配慮して、ペットボトルをやめてステンレスの水筒を持っていましたが、やはりどうしても重いので、一度購入したミネラルウォーターのペットボトルを洗って使い続けるという方式に変えました。

「環境<軽さ」という判断基準になったわけです。

これは、旅のトラベルグッズと同じ。
今後、フリーアドレスの普及がさらに進むなら、バッグやオフィス周りのグッズにおいて「軽さ」という価値は最優先になると思います。

会社員にとってのフリーアドレスが、フリーランスのノマドとは違うという意味が理解いただけたでしょうか?
持ち歩くべき「軽い」ものについて、こちらでの記事で具体的に紹介しています。

【フリーアドレス】おすすめバックなどノマドワーク必需品10選!