旅ブログ「3分間ジャーニー!」へ移動 →

「あたりまえか」を識別する5つのテスト

昨日、マッキンゼーに勤めている友人と飲みました。

友人と話をしていて気づいたことがあります。

論理的な思考をもっているひとでも、「広告」のことを、なにか「魔法の解決手段」のように考えているんだなあと。

 

広告業界では有名な「あたりまえのアダムス」という本があります。

ごくごく平凡な青年アダムスが広告業界に就職し、そのあたりまえの感性で、クライアントの課題を次から次に解決する、痛快な物語です。

あたりまえのアダムス/ロバート・アップデグラフ
¥1,050
Amazon.co.jp
 
この本が書かれたのは、1916年(大正5年!)。
発表された当時、アメリカではこのアダムスが大人気となりました。

出版社には企業トップから、「実在の人物か?」「会わせてほしい」「仕事をたのみたい」との手紙が次々と送られてきたということです。

 

物語の中にこんなシーンがあります。

 

クライアント社長が、若いアダムスに、その商品について、まったくあたりまえのことしか説明していない広告コピーを提案されます。

がっくりしたクライアント社長にアダムスが説明を加えます。

 

「社長にはあたりまえかもしれませんが、私はそのことを知りませんでした。あなたは誰に向かって広告をするのですか? 同業者ですか? お客さまですか?」

 

そこで社長ははっと気づきます。

「そうか。広告は魔術ではないのだな。他のあらゆることと同じように常識の問題なんだな。」


ユーザー視点に立つということは、この「あたりまえ」の感覚がとても重要なのです。


最後に、本編にある、「それがあたりまえかどうか」を識別する5つのテストを記しておきます。

 

1.それは、単純か?

2.それは、人間に本性に反していないか?

3.短く簡潔に書くことができるか?

4.人の気持ちを動かすか?

5.機は熟しているか?