ワークショップ「自分の広告をつくろう!」を開催。新しい自分の魅力を発見しよう!

こんにちは。キョウイです。
先日、「自分の広告をつくろう!」というワークショップを実施しました。
参加者は40名限定。結構、盛り上がったと思います。

新たな「自分の魅力」を発見しよう!

このワークショップの狙いは「新たな自分の魅力」を発見することです。

広告は「商品の魅力=売り」を相手に伝えるもの。
同じように「自分自身を商品と捉えて、その魅力を伝える」ことをやってみようというものです。

たとえば、自己紹介の場で、単に名前や所属をいうだけではもったいないないと思いませんか。
ならばこれからは、「自分の魅力=売り」を伝えていきましょう。

言葉で「価値」は変えられる!

では、「自分の魅力」とは一体なんでしょう?
ルックス? いや、性格? いや、自分の得意なこと? 

いやいや、ちょっと、捉え方が違うかもしれません。
広告的な考え方で言うと、自分の魅力とは「相手にとっての価値」です。
それをどう言葉で伝えられるかです。

有名なビジネスの逸話「二人のレンガ職人の話」を知っていますか?
こんな話です。

レンガを運んでいる二人の職人に質問をしてみました。
「あなたは何をしているのですか?」

一人はこう言いました。
「見りゃわかるだろ。レンガを運んでいるんだよ」

もう一人はこう言いました。
「この町に教会をつくっているんだ。子どもたちが集まれる場所にもなればいいよね」


二人のレンガ職人のやっていることは同じです。
同じことをしていても、それを表現する言葉ひとつで「価値」が変わるのです。

なので、あなたのやっていることを「相手にとって価値のある言葉」で表現してみましょう。
それがそのまま、あなたの魅力になるのです。

「自分の広告」をつくろう!

今回のワークショップでは、インスタグラムなどで流通しやすいコンテンツとして、スクエア(正方形)のビジュアルで「自分の広告」をつくりました。

・WORK1:「自分」の要素を棚卸する
・WORK2:「自分」のコピー(言葉)をつくる
・WORK3: コピーに合った写真を撮影してレイアウト
・WORK4: 完成した「自分の広告」をプレゼンする

広告をみる相手への問いかけとしてのキャッチコピー。肩書きとしてのショルダーコピー。写真の構図も計算して撮影。試行錯誤しながらのレイアウト。
参加したみなさん、ワイワイ言いながらも、それぞれ素晴らしい広告をつくってくれました。

たとえば、ボク自身がつくってみた広告は、こんな感じです。


普段とは違う視点で自分を掘り下げて表現することで、きっと新たな自分の魅力に気づけたんじゃないかと思います。
みなさんも、やってみてはいかがでしょうか?

この取り組みは、会社のウェブサイトでも紹介しています。

>>株式会社1/1のウェブサイト

今日はこのへんで。