JAL上級会員への道#2: サファイア到達へ、FLY ON ポイントを効率的に獲得する方法

前回はJAL上級会員のメリットについて紹介しました。
JAL上級会員への道#1:なぜ、JGC(JALグローバルクラブ)を目指すのか?

JGC(JALグローバルクラブ)サファイア以上の上級会員になると、これらメリットのおかげで、がらりと空の旅が変わります。

どうすればこの域に達することができるのか?
今回は、サファイアに到達する効率的な方法を紹介します。

1. 上級会員サファイアの達成条件

JALの上級会員になるには「FLY ON ポイント」というポイントを貯めることになります。
本来、マイレージプログラム(=マイル)だけで会員のランク付けができればシンプルだったでしょう。

しかし今は、マイレージプログラムをショッピングに解放しているため、飛行機を乗らず、お買い物で多くのマイルを貯める、いわゆる「陸マイラー(おかまいらーと読む)」が増えすぎてしまいました。

そのため、本当のVIP顧客をランク付けするために、純粋に飛行機に乗ったポイントプログラムを別に用意しなければならなくなりました。
それがJALの場合は「FLY ON ポイント」、ANAは「プレミアムポイント」というわけです。

なので、上級会員になるにはとにかく飛行機に乗りまくってFLY ON ポイントを貯めるしかありません。
JALの場合、上級会員「松・竹・梅」のステイタス達成には、以下の条件が必要になります。

その年の1/1から12/31までの1年間で

松:ダイヤモンド
100,000ポイント以上。
もしくは120回以上の搭乗かつ35,000ポイント以上。

竹:サファイア
50,000ポイント以上。
もしくは50回以上の搭乗かつ15,000ポイント以上。

梅:クリスタル
30,000ポイント以上。
もしくは30回以上の搭乗かつ10,000ポイント以上。

どうでしょう?なかなかのハードルですよね。
でもやるしかありません。

とにかくこの条件で、サファイア到達を目指して計画を立ててみましょう。

2. FLY ON ポイントの算出方法

搭乗によって獲得できるFLY ON ポイントの算出は少し複雑です。

FLY ON ポイントの算出計算は以下のようになります。

FLY ON ポイント =
区間基本マイル × 積算率 × FLY ON ポイント換算率 + 搭乗ボーナス

「積算率」とは、予約する座席クラス(ビジネスクラスやエコノミー)や運賃(往復割引や先得割引など)によって、国際線は150%,100%,75%,50%,30%、国内線は100%,75%,50とかわる掛け率です。

「FLY ON ポイント換算率」とは、JALの競合との競争が激しい路線でポイント倍率が換算されるものです。
・国内線=2倍
・国際線で日本発 – アジア・オセアニア着=1.5倍
・その他は1倍

「搭乗ボーナス」は、搭乗するごとに運賃種別によって、400p,200p,0pのいずれかが加算されるものです。

いずれも詳細はJALのウェブサイトにありますが、これを手計算で算出するのはなかなかめんどうです。

そこで、JALのウェブサイト・アプリではFLY ON ポイントのシミュレーションソフトが用意されています。
これを駆使して、こまめに、より安価で多くのポイントが貯まる航空券を探していくわけです。

3. サファイア到達の効率的な方法は?

では実際、サファイアに到達する効率的な方法は何かを考えていきましょう。

まず、50,000ポイントでの達成を狙うか、50回以上搭乗での達成を狙うかです。
これは、どう考えても50,000ポイントの方が達成しやすいでしょう。

50回搭乗ということは、25往復。コンスタントに月2回以上の搭乗が必要です。
仕事で定例の出張がある人はこちらでも達成可能でしょうが、都度予定をつくっての50回搭乗はなかなかしんどいと思います。

僕も50,000ポイントでの達成ですし、とくにお金より時間がない人は、50,000ポイントの方をオススメします。

50,000ポイントを狙うと決めたら、以下3つを活用しましょう。

①先にJALカードをつくる
まず、JALカードをつくりましょう。

サファイアを狙うのは、半永久上級会員としてJGC(JALグローバルクラブ)の入会資格を得るためです。
そのJGCは、カード会員として年会費を払うものです。
苦労してサファイアを達成しても、万が一カード審査が通らないなんてことがあったら目も当てられません。
まだJALカードを持っていない人は、先につくっておきましょう。
こちらから申請できます。

JAL日本航空 JMB入会

僕は「CLUB-Aカード」(税込10,800円)を使っていて、お買い物マイルが貯まる「ショッピングプレミアム」(税込3,280円)と安い航空券でも積算率の100%が保証される「ツアープレミアム」(税込2,160円)もつけています。

これで「修行」といいつつも、結果的にたくさんマイルを貯めることができました。
今回のサファイア達成で、このカードを「JGC CLUB-Aカード」に切り替えることになります。

②FLY ON ポイントキャンペーンを活用する
まず「初回搭乗FLY ON ポイントプレゼントキャンペーン」です。
これは、年の初回搭乗時に5,000FLY ON ポイントがもらえるというもの。
2019年も継続されています。

もうひとつは「FLY ON ポイント2倍月キャンペーン」です。
これは、自分の好きな月を設定し、その月内の搭乗ポイントはすべて2倍になるというもの。
2018年は実施されましたが、2019年の実施はまだ発表されていません。
利用できれば、ものすごく楽になります。(ちなみに僕は忘れていて利用しそこねました・・・)

③国内便・アジア・オセアニア行きの「FLY ON ポイント換算率」を活用する
上記のように、FLY ON ポイントは、国内だと2倍、アジア・オセアニア行きだと1.5倍に換算されます。
これを最大限利用して達成計画を立てましょう。

東京からの直行便だと、国内線では「沖縄の那覇」、アジア・オセアニア行きだと「シンガポール」が最も距離があり、区間基本マイルが高いです。
よって、この2つの安価な航空券を探して予約していくのが効率的ということになります。
「積算率」があるため、エコノミーではなく、ビジネスクラスやクラスJでの安価な航空券を探すのがいいでしょう。

あとは、自分が楽しみながらポイントを貯めるにはどうしたらいいかを考えながら計画立てていくだけです。
「修行」とはいいますが、結構楽しい作業です。

ストイックに「東京ー沖縄」を何度も往復する人もいますが、僕はせっかくなので、あちこち旅行も兼ねて無理せず達成する方法を選びました。

この効率を検証するのが、「購入航空券の総額 ÷ 獲得FLY ON ポイント」。
つまり、1FLY ON ポイントあたりいくらかかったかの単価です。

目安は1FLY ON ポイント = 10円。

10円を切れば、なかなか上出来でしょう。
僕は無理をしなかったせいで、16.8円とちょっと高くついてしまいました。

僕の達成までの内訳は次回に紹介しますね。

さらに詳しい情報はこちらに載っています。