JAL上級会員への道#1:なぜ、JGC(JALグローバルクラブ)を目指すのか?

僕は2018年12月末にJAL上級会員「サファイア」に昇格し「JGC(JALグローバルクラブ)」入会の資格を得ました。
これはなんとなくたどり着いた結果ではなく、年初からサファイア昇格を狙って計画し、達成したもの。
しかも会社出張はいっさい含めず、すべてプライベート旅での達成です。

この間のフライトは海外国内あわせて計14回。
いわゆる「修行」と言われるポイントを貯めること自体が目的の旅もしました。

なぜ「修行」までしてJGC会員になりたかったのか?
今回はまず、JAL上級会員が得られるメリットについてまとめます。

1. JGCを目指そうと考えたキッカケ

僕は約1年前、2018年の年明けを大寒波のニューヨークで過ごしました。
しかし、その大雪の影響で帰りの便が欠航になり、JFK空港に30時間以上閉じ込められたのです。

当時の会員ステイタスはまだ空港ラウンジの利用ができない「クリスタル」でしたが、たまたまマイルを使ってビジネスクラスにアップグレイドしていたため、JFKのラウンジで30時間過ごすことができたのです。

ラウンジでは軽食やお酒、WiFiや電源ももちろん、シャワールームなども用意されています。
職員のホスピタリティある対応に感動すら覚えました。

その時このラウンジで過ごせたのは、ビジネスクラス以上の乗客と上級会員だけです。
ラウンジの外ではたくさんの人が路頭に迷い、寒さと情報の少なさで暴動寸前の騒ぎでした。

ちょっとイヤな話ですが、この時「何かのときのために会員ステイタスをあげなきゃ」と思ったのでした。

2. 航空会社の上級会員とは?

航空会社は、鉄道とは違って顧客を利用実績に基づいてランク分けしています。
これが上級会員制度といわれるものです。
飛行機の世界は資本主義社会の縮図なのです。

JALとANAは、上級会員をさらに3ランクに分けています。

僕は自然体で飛行機を利用していて、ここ3年ほどJALクリスタル会員だったようですが、その自覚がなかったくらいですから、クリスタルではあまりメリットはありません。

大きくメリットを感じるのはサファイアからです。
さらにサファイアに昇格すると、JGC(JALグローバル会員)入会資格が得られます。
一度JGCに入会すると、年会費だけで半永久的にサファイア同等のステイタスが維持されるのです。

3. 上級会員、サファイア(JGC)からのメリット

①ラウンジが利用できる。
ニューヨークでの経験のとおり、なんといっても、まずはこれでしょう。
ご存知の通り、航空会社はビジネスクラス、上級会員向けにくつろげるラウンジを用意しています。
これを利用できるというメリットは大きなです。

とくに、JALの「サクララウンジ」は素晴らしいですね。
ビジネスマンのあいだでは、出張前にここで提供されるカレーを写真にとってインスタにアップするというのが流行りました。

②上級会員用チェックインカウンター利用
国際線の利用では荷物預けなどでチェックインカウンターに行くわけですが、時間帯によっては混雑でものすごい行列ができていますよね。

このカウンターも、上級会員、ビジネスクラス、エコノミーと3つの分かれていて、上級会員の列は空いています。
もし帰国の際に海外の空港で上級会員カウンターがない場合は、ビジネスクラスカウンターが使えます。

③預け荷物の許容量アップ
国際線エコノミーの場合、預け荷物は23キロ×2個までとなっています。
これが上級会員になると、32キロ×3個までにアップします。

僕自身は旅の荷物は極めて少ない方なのであまりメリットではないですが、トータルで18キロものアップにメリットを感じる人も多いでしょう。

④手荷物検査の優先レーン利用
日本発の場合ですが、ただでさえうっとおしいのに混んでたりする手荷物検査場で、優先レーンを通過することができます。

ファストセキュリティレーンといわれますが、これは一般的には存在も知られていないかもしれません。
こちらは成田空港にあるファストセキュリティレーン。

⑤機内への優先搭乗
国際線と国内線で少し違いますが、いずれにしても上級会員は機内への案内順序が早いです。

細かいところでいうと、搭乗券確認の際のCAさんの掛け声、読み込み機の確認音が違います。
それがメリットか分かりませんが、サービスのランク分けを徹底しようという姿勢は伝わります。

⑥手荷物の受け取りが早い
到着後、ターンテーブルで手荷物が出てきますが、もちろんここにも順序があります。
JALの場合は、上級会員であればエコノミーでもビジネスクラスより早く出てきます。

手荷物を預ける時に、このような「PRIORTY」タグがつけられています。

⑦マイルの加算率が高い
JALのマイルの計算方法は以下です。

区間マイル(フライトマイル) + ボーナスマイル

サファイアになると、このボーナスマイルが105%となります。
クリスタルでは55%だったので、その違いは大きいですね。
マイル残高が加速度的に増えていくことになります。

⑧その他
他にもまだ

・国際線エコノミーで扉前の広い座席がとれる
・キャンセル待ちの優先度があがる
・特典航空券が取りやすくなる
・専用問い合わせ電話

など、ちゃんとアナウンスされていないメリットも含めいろいろあります。

4. 「修行」で得られたもの

一般的には、上記のメリットを得るために上級会員を目指すことになります。
しかも、JALはサファイアを達成すればJGC(JALグローバルクラブ)、ANAはプラチナを達成すればSFC(ANAスーパーフライヤーズカード)に入会でき、その後は年会費でステイタスを維持できるという制度があります。

本来はVIP顧客のための制度ですが、僕のように自然体ではVIPになれなくても「修行」を積んでそのステイタスを手に入れようとする人はたくさんいます。
なので、もしかすると、この達成条件は今後厳しくなっていくかもしれません。

ただ僕は「修行」の中で、もっといい経験をさせてもらいました。

それは、無理やり旅に出ることで世界を近く感じるようになったこと。

すきま時間ができたら、パッと旅に出れるようになった。
これは上級会員のメリットより大きな収穫かもしれません。

人生の学びは「人に会うか、本を読むか、旅をするか、からしか得られない」なんてことを実感しました。

あと「修行」なんていう変な世界があることを知ったことも収穫でしたが・・・。

次回は、その上級会員を達成する方法について紹介します。

ちなみに、これを読んで達成までの計画を立てました。